お金

手っ取り早く資金を手に入れよう|事業者ローンで借りる方法もある

カードを渡す人

返済に困ったら

複数の金融機関からお金を借りている人や、金利が高いところから借りている人は借り換えを検討するとよいでしょう。お金を借りるところが変わるだけと思われがちですが、カードローンでは低金利の会社を選ぶことで利息を減らし、返済額の調整などメリットもいくつかあります。

家の模型とお金

事業用資金のためのローン

事業用の資金などのように大きな金額を借りる時に便利なのが不動産担保ローンです。不動産を担保にするので、無担保のカードローンよりも大きな金額を借りることができます。まず銀行のホームページから仮審査の申込みをします。それに通ったら銀行へ出向いて申込書を提出します。あとは正式な審査が通るのを待つだけです。

オペレーター

無利息期間30日が特徴

プロミス審査申込みの特徴は、無利息サービスとポイントサービスです。はじめてのご契約の方であれば、30日間金利0円で無利息で支払うことができます。無利息期間は、ポイントを貯めることで再度適用が受けられます。

事業資金が早く用意できる

紙幣を持つ人

サービス内容を確認する

個人事業主や中小企業向けに提供される事業者ローンは、頭の痛い資金繰りの悩みを解決する手段です。事業性資金の融資を検討する際に、公的融資に銀行や信用金庫から借りるという選択肢もありますが、小規模の企業がお金を借りるのに便利なのが事業者ローンなのです。無担保で第三者の保証人を立てる必要がなく、審査から融資を受けるまで2〜3営業日と時間が短いというメリットがあります。小さな企業では事業資金も心許なく、いつお金が必要になるかわからない状態で、つなぎ資金や運転資金を素早く用意できるのは強みと言えます。事業者ローンを借りるにあたって提供されている会社は多く、どこを利用するべきか検討する必要があります。公的融資や銀行といった金融機関に比べて金利は高めになっているので、なるべく年率の低いとこを選びたいものです。金利の計算は決算書の内容から出るスコアリングシステムで決定されますが、経営状態が厳しいと金利は上限まで設定されてしまいます。なるべく業績の良いタイミングで借りたいものですが、意図的に融資のタイミングを選ぶのは難しいでしょう。それ以上に事業者ローンを選択する際に重要なのは、どれだけサービスが充実しているかという点にあります。返済方法が固定化されて、毎月の返済額を繰り返すばかりでは元金がなかなか減らずに、利息ばかりを支払うことになります。そのため、繰上返済をしたいところですが、規約が厳しいところでは違約金が付くこともあるので、違約金が発生しないような柔軟な返済方法に対応できるところを選択すると良いようです。