男性

手っ取り早く資金を手に入れよう|事業者ローンで借りる方法もある

返済に困ったら

カードを渡す人

メリットの多い手段

住宅ローンなどで良く聞く言葉である借り換え、現在借入している金融機関から、別の金融機関へと移行する手段です。単にお金を借りるところが変わっただけじゃないかと思われるかもしれませんが、カードローンでも利用することができ、この借り換えをすることで様々なメリットを得ることができます。まず、ローン商品でも借金をする際にネックとなるのは、利息が発生する金利の部分です。カードローンの金利は銀行なら15%前後、消費者金融なら18%前後が一般的で、現在借入しているところが消費者金融なら、銀行に借り換えするだけで3%もの金利を減らすことが可能となります。たかが3%と思われがちですが、例えば10万円を借り入れし、12ヶ月で完済させるとなると1,700円前後の利息の違いが発生するのです。これが36ヶ月やそれ以上の期間、10万円より借入額が大きければその分だけ利息は膨らんでいきます。カードローンの借り換えによるメリットは、ほぼこの一点に集約されており、当然ながら金利が同じか上の金融機関に移行することはないでしょう。また、カードローンの返済方法は各社の決まりがあり、最低返済額がA社で3,000円、B社なら10,000円など全く異なってきます。現在B社を利用しているが、毎月10,000円では苦しい、もっと安いところを利用したいという場合に、借り換えでA社を選択するという考え方もあります。銀行のカードローンは審査が厳しいといった話もありますが、借り換え目的で申込みをした場合、それほど難しいものではありません。消費者金融1社程度の借金なら、事情を話すと高確率で審査に通ることが可能です。